予約システム

施設利用案内・利用予約

利用取消と利用制限

利用の取り消し

予約後、利用できなくなった場合には、下表にご案内する方法で、利用取り消し手続きを行ってください。

利用する施設

取消手続きの方法

研修室および
多目的室

利用日の前日までは、予約システムから取消手続きをしてください。

利用当日の取消は、利用受付(電話:03-3992-5335)に直接連絡してください。

ホールおよび
産業イベントコーナー

利用受付(電話:03-3992-5335)に直接連絡して手続きをしてください。

利用料の返還

予約取消を行った場合で、以下に該当する場合は、所定の手続きにより記載条件で利用料を返還します。その他の場合には、既納の利用料は返還いたしません。

  1. 利用者の責に帰すことのできない理由で施設を利用できないとき(全額返還)
  2. 研修室・多目的室の利用を利用日7日前までに取り消したとき(全額返還)
  3. ホール・産業イベントコーナーの利用を利用日180日前までに取り消したとき(8割返還)
  4. ホール・産業イベントコーナーの利用を利用日60日前までに取り消したとき(5割返還)
  5. 指定管理者が特に必要と認めるとき(指定管理者が相当と認める額)

取り消し時の利用制限について

利用日6日前から前日までの期間に利用取消しや利用の変更をしたとき、連絡なく当日利用しなかったときは、次のとおり利用の予約について制限がかかります。

利用制限の内容

利用が制限される月の申込みについて
①抽選に参加することができません
②申込回数が、月 1 回になります

利用制限の対象とポイントについて

  1. 利用日の6日前から当日の利用時間前までに、利用取消・変更したとき... 1回1ポイント加算
  2. 連絡なく当日の利用がなかったとき ... 1回3ポイント加算

ポイントは月ごとに累計します。

利用制限される月数の計算

利用制限される月数は、1ポイントにつき1か月間とし、月の累計ポイントに応じた月数となります。具体的には以下の例となります。

  • (A)月内に上記①を1回したとき...累計1ポイントで利用制限される月数は1か月
  • (B)月内に上記①を2回したとき...累計2ポイントで利用制限される月数は2か月
  • (C)月内に上記①を1回、②を1回したとき...累計4ポイントで利用制限される月数は4か月

利用が実際に制限される月

申込みが実際に制限される月は、取消した利用予定日の翌月から、ポイントに応じた期間となり ます。取消した利用予定日が4月の場合は、次のとおりです。

  • (A)5月の申込回数が制限されます。
  • (B)5月と6月の申込回数が制限されます。
  • (C)5月から8月までの申込回数が制限されます。

※抽選参加資格のある団体は、抽選には参加することはできません。

施設利用案内・利用予約

ページのトップ